琉球紅型(びんがた)、琉球ガラス、琉球漆器、壺屋焼(シーサー作り体験)、首里織の「那覇市伝統工芸館」

HOME > 琉球びんがたの歴史

琉球びんがた

沿革と現状

琉球びんがた沖縄の染色技術は最も古く、「びんがた」以前に琉球王布・首里・浦添を中心に婦人の礼装として、又、神事に着用された。浦添型といわれる摺込の手法で染められた技法があります。14~15世紀の頃には東南アジア等への海外貿易により、印度やジャワ更紗の技法をとり入れ、沖縄独特の気候風土の自然の中で育まれ、琉球独特の染物として、華麗にしてしかも典雅な「びんがた」の誕生を得たといわれています。

 

琉球びんがた 着尺製品

後に「びんがた」は琉球首里王府の保護の元に、中国の型紙の技法も導入され、あらゆる東洋文化の粋を吸収して見事に昇華しました。そのため、東洋のすぐれた華布として中国福建市場への貴重な貿易品となりました。「びんがた」は首里王朝時代、士族の婦人の衣装として、又中国や江戸幕府への献上布としても用いられ、階級により図柄や色が貴族と士族とに色別されたといわれています。絵図奉行により描かれた大柄紋様は貴族だけに限られ、士族は小紋の図柄で、出来合の模様が使用されたといわれています。地色も黄色地を最上とし、首里王府内の婦人たちが儀礼用の正装として着用され、紫、桔梗、淡青地・藍色とそれぞれ階級によって年令・男女の別により色分けされ、自分の個性を生かしたとのことであります。

 

下塗りの色差し模様には、古典模様から近代的感覚を思わせるものまで多種多様で、大きく分けると、首里型と那覇型とに分けられます。首里型の華美さにくらべ、那覇型には庶民的な色合の美しさがあります。又「びんがた」には朧型という染め方で、型紙を二枚又は三枚重ねて染める技法のものがあります。朧型には藍と黒の二色だけで染めた朧藍と五彩色を用いた色朧の別があり、夏は藍朧、冬は色朧と着用したもので、色朧には地色によって花色地・葡萄色地・緑色地・緋色地などの種類があります。

 

琉球びんがた又王家に伝わる紅型の中には、染めあがった後にさらに、手彩色を加えた色合いのものがあったといわれ、現在、染色技法がさだかでなく、まぼろしの染物として今日伝えられています。「びんがた」は沖縄独自の美しい染物として、今日なおその華麗さは広く世界の人々から比類のない染め物として重宝され、県の重要な伝統工芸品として復元し生産されるに至っております。現在、那覇市首里を中心に十数軒の工房があり、着尺・帯・室内装飾品等が生産されております。

 

技術と技法Ⅰ

型置き沖縄の染物といえば即座に多彩な「びんがた」を思い浮かべる人は多いと思います。しかし技法において区分すれば、「びんがた」に対して藍型があり、色彩模様を「びんがた」といい、藍染模様を藍型とよんで両者を区別しています。また着尺地などのように型紙を用いる技法を型附、風呂敷などのようにフリーハンドで模様を描く筒描きを糊引とよんで両者を区別する方法もあります。しかし「びんがた」または藍型においては型附がほとんどであります。「びんがた」の繊維素材は綿布、絹布、芭蕉布等があります。みやげ品の壁掛けやテーブルセンター類は綿布がほとんどで、着尺にはほとんど絹布が用いられています。

 

日干し芭蕉布は高級な装飾品の染色に主として用いられています。糊剤はモチ米とヌカを混合して使用します。型紙は豆腐を乾燥したルクジュウの上で突き彫りにします。まずこれらの繊維素材、糊、型紙がそろうと長い型板に布を張り、型紙をあて、その上から糊置きをし、この工程が終わると布を板から取りはずし、伸子を張って日陰に乾燥させます。乾いたら呉汁を引き、さらに乾燥させ、次に彩色を行います。配色刷毛と摺込刷毛を用い、彩度の高いものから順に色を差します。

 

藍型着尺地模様の部分に配色刷毛で顔料(呉汁に顔料を溶解した染液)を差し、さらに繊維の中まで浸透させるように摺込刷毛ですり込みます。最後に隈取を行って彩色を完了し、彩色が終わると2~3日おいて一晩中水につけて糊を落とし、よくすすぎます。それに伸子を張って乾燥させ、白地型の製品とします。なお地染めを行う場合は白地型の模様の部分を糊伏せし、乾燥後に適当な染料で刷毛引きにより染色を行います。

 

技術と技法Ⅱ

地染め糊伏せまずこれらの繊維素材、糊、型紙がそろうと長い型板に布を張り、型紙をあて、その上から糊置きをし、この工程が終わると布を板から取りはずし、伸子を張って日陰に乾燥させます。乾いたら呉汁を引き、さらに乾燥させ、次に彩色を行います。配色刷毛と摺込刷毛を用い、彩度の高いものから順に色を差します。地染め まず模様の部分に配色刷毛で顔料(呉汁に顔料を溶解した染液)を差し、さらに繊維の中まで浸透させるように摺込刷毛ですり込みます。最後に隈取を行って彩色を完了し、彩色が終わると2~3日おいて一晩中水につけて糊を落とし、よくすすぎます。それに伸子を張って乾燥させ、白地型の製品とします。なお地染めを行う場合は白地型の模様の部分を糊伏せし、乾燥後に適当な染料で刷毛引きにより染色を行います。

国際通り体験工房へ行こう!

那覇市伝統工芸館アクセスマップ

デジタルリーフレット

那覇市伝統工芸館コンテンツ

那覇市伝統工芸館コンテンツ