首里織のスプリングフェア開催

沖縄の織物は小さな島々で成り立つ琉球国の中ではぐぐまれ、日本の中で最も多様な織物が存在している事が知られています。 首里城の城下町として古い歴史を持つ首里は、染色文化の面からみても、つねに他の地域をリードする位置にありました。 王朝時代には王家の着物として織り上げられた首里織。 その高度な技術を受け継ぎ、今の生活にあったものを日々生み出しています。

 

この度のフェアは、国産の絹にこだわった「首里織」ならではの、最高の艶と肌触りの着尺、帯、またストールなどをご用意致しております。 是非実物をお手に取ってご覧ください。

■開催期間:2月17.18日