「琉球紅型(びんがた)」は、琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、又神事に関する古式の服装として、すり込みの手法で染められたのが、琉球染色技術の起源だといわれています。 その後14~15世紀の頃、中国、東南アジア全域との海外交易により中国の紅型の技法、印度、ジャワ等の染色技術が導入され、あらゆる東洋文化の枠を吸収して沖縄独特の気候風土の中で自然に育まれ、独自の技術を持つ「琉球びんがた」が誕生しました。現在は多くの作家により伝統の技術を受け継ぎつつも、独自性のある商品が生み出されています。

伝統工芸館販売所の商品はコチラ