沖縄で初めてガラスが作られたのが明治後半。今からおよそ100年程前といわれ、当時は主にランプのホヤ、漬物瓶などが型吹きで作られていました。「琉球ガラス」として認知されたのは、第二次世界大戦後、米軍によって持ち込まれたコーラーやジュースの廃瓶を原料として多くの種類の生活用品が作られるようになってからの事です。 廃材を利用する事でしか出せない独特なレトロ感と温かみが人気の秘訣。

伝統工芸館販売所では「奥原硝子製造所」の制作したガラス製品を多数取り揃えております。

詳しくはコチラ