14~15世紀(約500年前)の琉球王国は、東南アジア、中国と盛んに交易を行ない、その交流により織の技術を学び、幾百年と積み重ねられ、人々の努力によって沖縄の気候風土に育まれた多種多様な琉球織物の個性を生み出しました。

沖縄は「工芸の宝庫」といわれていますが、特に織物はそれぞれ特徴のあるものが、県下各地で織り継がれています。その中でも、首里王府の城下町として栄えた首里では、王府の貴族、士族用に、色、柄共に、究極まで追求された格調高く、悠々として麗美な織物が、織り継がれ現在に至ります。

紋織から絣に至るまで多彩に織られるのが首里織の特徴ですが、その中でも特に、花倉織や道屯織は王家、貴族専用とされ、首里でしか織られませんでした。原材料は、絹糸を中心に木綿糸、麻糸、芭蕉糸の素材を用い、染料は琉球藍、福木、テカチ、シブキ、グール等の植物染料及び化学染料を用いて造るのが主流となっています。

伝統工芸館販売所にで現在活躍中の作家の作品を多く取り揃えております。 詳しくはコチラ